造形作家・櫻井正一とコリーンの手漉き和紙の世界。廃材や古民具などの捨てられたモノを、独自の観点で再生の美に挑む。

Re-Art Charity Project
リ・アート チャリティー プロジェクト

最初は遊び心から、廃材を使って自分のために創ってみた一つのペンダント。
それに当てられた人々の眼。
そこから始まったこのプロジェクト。

” つまらなく終わらせたくない。”
モノであっても、ことであっても、人であっても...。
役を終えるといとも簡単に捨てられてしまうモノたち。
何も生まれて来たとおりの姿で終わらせてしまうことはない。
違う観点から見ることにより、そのモノの持つ短所をも長所へとし、
アイデアと手を加えて新たな命を吹き込ませる、「 再生の美 」への挑戦です。

'95年より、造形作家として、灯り、オブジェ、衣服、家具など、色々 なモノを創ってまいりました。
そして、それらの基になる素材を探すにつれ、現在、自分自身が一番感 じ、思っていることは、そのまま終わらせてしまったら
” もったいない ” と感じるモノが本当に多すぎ る、ありすぎる、ということ。
「美しいモノ」この世の中には沢山有ると思います。
でも、人々から見向きすらされなくなってしまったモノからでも、それ を創りだすことは可能です。

Re-Art Charity Project In English : click >>

身につける造形作品
この Re-Art チャリティ プロジェクトにおいては、使用されなく なったアルミニウム製 デロンギ パワーブレンダーとい う、同じ”DNA”を持つ88作品に、個々の異なったアイデン ティティーを持たせたい気持ちから、アルミニウムの持つ特性を活か し、質感や肌合いの強調に重点を置きました。
あてられたた炎により浮かび上がる景色は、コントロールの利かない 個々の持つ表情となりました。
もう一つは、大きさ。アルミニウムの軽さゆえ、大振りで大胆な金属の ジュエリーを完成させることができました。
高貴な素材ではないがためか、そして扱いにくい素材であるがためか、 ジュエリーとしてはあまり使われていないアルミニウム。
しかし、思いを込め向き合えば、それ以上のことを返してくれる素晴ら しい素材でした。
初めて挑戦したジュエリー制作。ジュエリー職人の使う精密工具を持っ ていない私は、大工道具だけの手仕事で1点1点に工夫を凝らしました。 廃材そのものの持つ生い立ちや傷すらも、個性として楽しんで頂けたら 幸いです。
また、 UCHIHARA GROUP のご賛同により寄贈して頂いた高貴なダイヤモンド SA BIRTH に並んで簡素な廃材アルミニウムを組み合わせてできた8作品は、私 自身にとっても圧巻です。
そして、私のような小さな一造形作家が、このような素晴らしいプロ ジェクトに参加させて頂けたこと、また、皆様のご協力に心から感謝し " マシエラ・トラストファンド " を通じ孤児たちへの援助が大 成功するよう願っております。

ENGLISH お知らせ
News
 
お問合せ
Inquiry
サイトマップ
Site Map
作品紹介
Artworks
ギャラリー
Gallery Flash