造形作家・櫻井正一とコリーンの手漉き和紙の世界。廃材や古民具などの捨てられたモノを、独自の観点で再生の美に挑む。

櫻井 正一 さくらい しょういち
造形作家

1962年1月、東京下町に建具職人の長男として生まれる。その日本の伝統的な世界の良さがまるで理解できず、常にアメリカ文化に憧れを持ち育つ。日本の風習にむしろ反発心さえ感じていて、ホテルマン、ミュージシャン、クラブマネージャーなどを経て、20代終わりの頃日本から飛び出し渡米。骨董商として数年間のアメリカでの生活により、外側から日本の文化を見直してみる眼が与えられたことと、日本の伝統工芸に強く関心を持っていた後に妻となるアメリカ人ジャズシンガー、コリーンとの出会いが大きな転機となる。ともにアジア各地を巡り、その地の文化や手仕事に感銘を受け、帰国後日本の伝統文化や工芸への想いがつのり「モノ創り」に執着。95年工房を開く。
この世に生まれ人々の生活を支えてくれたモノなのに、いとも簡単に捨てられてしまう役割を終えたモノたち。そこに新たな命を吹き込むが如く再び美しく生まれ変わらせることは出来ないかと、人が目もくれない、忘れ去られてしまうばかりのモノたちや、捨てられて行く廃物たちに手漉きの和紙を融合させ、独自のスタイルの灯りやオブジェに仕立てるようになる。
「”捨てない” 再生の美に挑む。」違う観点から見ることにより、傷み、汚れもまた景色として善しと、かつて日本にあったその文化に斬新なアイデアを加え創作活動を続けている。個展は、アメリカ、 ヨーロッパと日本にとどまらない。

shoichi & Colleen

ENGLISH ・ お知らせInformation ・ お問合せInquiry ・ サイトマップSite Map ・ ギャラリーGallery FLASH版