造形作家・櫻井正一とコリーンの手漉き和紙の世界。廃材や古民具などの捨てられたモノを、独自の観点で再生の美に挑む。

Exhibition 展覧会

Exhibitions and Events 2009
2009年度 個展とイベント


好評につき、8月20日(木)まで会期延長となりました。
Exhibition extended until August 20th, 2009 (Thur.)

展示作品は約50点とこれだけ多くの作品たちを一挙に観ることの出来るなかなかないチャンスです。
この機会をどうぞお見逃しなく!
Fifty (50) artworks are featured, making this a rare opportunity to be able to view such an extensive collection of the artists' work, gathered together all in one venue. We hope that you will take advantage of this final exhibition extension to experience the world of "Sakurai" at the TÜV Rhineland Forum.

テュフ ラインランド フォーラム 櫻井 正 一 & コリーン展では、 捨てないをテーマに、この世に生 まれ人々の生活を支えてくれたモノなのに、 不用になるといとも簡単に 捨てられてしまう、そんなモノたちに眼を向け、 独自の観点により再び 命を吹きこまれた廃物たちの再生の美を表現いたします。 モノは、なにも生まれて来たとおりの姿で終わらせてしまうことはない。 古い人工物を使い再び活躍させることは次の世代に繋ぐ重要なポイントがあると思います。
今回の展示では、壁を装う造形を主に、古鉄に書を施した作品、灯りを放つ造形作品、またジュエリーや衣服などの身につける造形作品をご覧いただけます。
会期中に作品の一部入れ替えがあります。
■詳しくは:こちら >>

TÜV Rheinland Forum is presenting an exhibition of works by recycle artists, Colleen and Shoichi Sakurai, entitled "Re-Birth." With a strong belief that life, and value, doesn't have to be measured in "what was," the Sakurai's transform old, discarded and abandoned "treasures" into highly distinctive and imaginative illuminated sculpture and wearable art.
Some Artworks will be replaced over the duration of the exhibition.
■For further details : click >>

Contribution
寄付

Last year, using discarded household appliances beyond the levels of recycling, I created and fabricated an exclusive line of jewelry and accessories for the "Re-Art Charity Project. " Auction sales, totaling 2,598,495 Yen, were contributed to the Republic of Botwana Embassy on Wednesday, February 4, 2009.
Japanese are said to have a life expectancy of 82 years: The average life span of the people of Botswana is approximately 35 years, the world's shortest, . Many factors contribute to these numbers, including medical and living environment, but the difference of 47 years is shocking.
Our wish through this project, even in small part, was to provide a better quality of life and brighter future for the children. In turn, the Botswana Embassy donated the proceeds to the "Masiela Trust Fund" which supports medical treatment and the education of the orphans of the Republic of Botswana.
Recycling, Charity, and Art came together successfully due to people's generous support and cooperation. I thank you from the bottom of my heart.

昨年、家電廃材を再利用して、リサイクルの域を超えた宝飾品として甦らせ、オークション形式で販売。そしてその総売上¥2,598,495 を 2009年2月4日(水) ボツワナ大使館へ寄付してまいりました。
ボツワナ共和国の平均寿命は世界一短く、なんと35歳だそうです。平均寿命が長いといわれる日本は82.1歳。その差は実に47.1歳。寿命の差は医療や生活環境の差だといわれていますが、それにしても驚くべき数字です。そんなボツワナの子どもたちが、明るい未来への希望をもてるよう、また少しでも生活環境の改善の助けになれたらという願いが今回のプロジェクトに込められていました。収益金の全ては同大使館を通じて、ボツワナ共和国の子供たちの医療・教育をサポートする「Masiela Trust Fund(マシエラ・トラスト・ファンド)」へ贈られ、リサイクルとチャリティー、そしてアートを融合したプロジェクトは、ご協力をいただきました皆様のご支援により無事に終了することができました。心より感謝申し上げます。。

Lecture
講演会参加のお知らせ:

自閉症の子ども達や車いすの方々の芸術活動の支援を大きな柱として、 また若い芸術家に活動の場を与えることを目標に活動している、 NPO法人ハートtoハート インターナショナル クラ ブが主催するチャリティー講演会「根付アーティスト空観と素敵な仲間 たち」において、ゲストとしてお邪魔いたします。今回は古代文字書家 の天遊女史とともに参加する特別な1日限りのイベントです。
■詳しくは:こちら >>

     
Exhibition 2010  Exhibition 2009  Exhibition 2008   Past Exhibitions, Events & Media Coverage
ENGLISH お知らせ
News
 
お問合せ
Inquiry
サイトマップ
Site Map
作品紹介
Artworks
ギャラリー
Gallery Flash